おすすめ公演

芸鑑コンセルジュ ラピのちょいトーク

秋の「芸術鑑賞会」の演目が『演劇』に決まり、予算が厳しくてお悩みではないですか?
夏休みに入る前に(1学期のうちに)決めちゃいたいですよねえ・・・。そこはラピにお任せください!一発解決します!!

低予算でも見られる楽しいお芝居<日本語オペラ>『王様の耳はロバの耳!』は6人の歌い手と楽士が繰り広げる歌劇(オペラ)で「馴染みのあるお話がオペラになっていて分かりやすくて楽しかった」と大好評です。低予算でも遠隔地でも『演劇』を鑑賞できるように、新たに芸術鑑賞会用にオリジナルで作成されたこの公演は、少人数でありながらクオリティが高く、分かりやすい日本語とオリジナルの楽曲で、小学校を中心にお問い合わせが殺到しております。詳しくは『王さまの耳はロバの耳』紹介ページをご覧下さい。ご予約はお早めに!!
☎の方はこちら⇒03-5573-9977  Webからは⇒

  

※1597年にヨーロッパの貴族の間で広まったと言われる歌劇『オペラ』はやがて、ミュージカルへと発展して行き、大衆にも広く愛好されています。歌舞伎が始まったのが1603年とも言われておりますのでまさに時期を同じくして始まった伝統あるものです。この度は、その歴史と伝統のあるオペラ(歌劇)を、芸術鑑賞会用に分かりやすい内容に構成したスペシャルプログラムでご提案申し上げます。

心に残る芸術鑑賞会とはどの様なものでしょう?? 子ども達の耳や心はとても正直です。
実績や著名度といった概念に縛られず素直に演奏を聴いた時、本当に心揺さぶられるのは「良い音楽を聴いてほしい!音楽を好きになって欲しい!」という 出演者から発せられる本気のメッセージでは無いでしょうか?
プロの音楽家たちも子どもの頃、誰かの演奏に感動したり、刺激されてプロを目指したものです。その時の感動や感激を忘れずに子供たちと真剣に向き合い、熱いメッセージを伝えることのできる出演者集団、それがミュージックアプリケーションです。

「本物」の「エンターテインメント」をお届けすべく、皆様の芸術鑑賞会を心を込めてお手伝い致します。

公演メニュー 資料請求 お問い合わせ