木山裕策 – Yusaku Kiyama

1968年大阪府に生まれる。大阪外国語大学イスパニア語学科卒業(現在は大阪大学と合併)東京都在住(子供4人と妻の6人家族)
2005年(当時36歳)に甲状腺ガンを患い、医師から「手術後に声が出なくなる危険があること」を告げられ、長年の夢だった歌手への挑戦を決意。2007年、NTVオーディション番組『歌スタ!!』に出演、不合格になるも、「子供達に最後まであきらめない姿を見せる!」と異例の再挑戦を経て、2008年に家族をテーマにした楽曲「home」で見事メジャーデビュー。同年『第59回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たす。デビュー後も、会社員と歌手との二刀流が話題に。歌以外にも医療関係の講演も積極的で、2019年朝日新聞社運営の「ネクストリボン〜がんとの共生社会づくりを目指して〜」のテーマ曲「幸せはここに」をリリース。2020年に独立し、現在はTV番組出演を始め、歌と講演活動に全国を奔走している。

講演内容:夢のむこう側

〜夢をあきらめない事の大切さを伝える「歌とお話し」(トーク&コンサート)

あの名曲「home」を歌って、紅白歌合戦の出場を成し遂げた『木山裕策』が夢をあきらめない事の大切さを、歌とお話しで語りかけます。甲状腺ガンを患った際、「手術の影響で声が出なくなる危険があること」を告げられ、長年の夢だった歌手への挑戦を決意し、見事に成し遂げた、自らの経験になぞらえて「苦境を超えて僕たちは強くなる!」と伝えていきます。そして、そんな苦境を乗り越えるきっかけとなった音楽(曲)を披露します。人生で大切なことは何か?何がやりたいのか?などを考えるきっかけにもなり、将来の目標について考えるチャンスにもなります。

<歌唱曲目の一例>
●home(木山裕策)
●YELL(いきものがかり)
●瞳を閉じて(平井堅)
●ピアノ・マン(ビリー・ジョエル)
●旅立ち(木山裕策)
★木山裕策と一緒に歌いたい曲などがございましたらご相談下さい。