柾木良子 – Ryoko Masaki

京都生まれ京都育ち。学生時代より染織を学ぶ。
日本の伝統である染めと織りに触れ、特に着物に興味を惹かれる。
卒業後はTV・CM出演や雑誌「美しいキモノ」等のモデルとして活動をスタート。仕事で着物と関わるなかで 一流の着付け師の方達の“楽で美しい着付け”を体感し現役の着付け師に師事。
現在は京都を拠点に“きもの教室”を主宰。また学校教育の一環として着物文化の授業を毎年実施。着物に慣れ親しんでもらえるよう、子供から若い世代に着物を伝えるため精力的に活動している。指導も楽しく分かり易いと支持されている。各地で着付け講座や着物イベントの企画にも取り組み、モデルの経験を活かした着物の着こなしとスタイリングには定評がある。
京都市立銅駝美術工芸高等学校 染織科 卒業
京都芸術短期大学 染織科 卒業
東映京都撮影所 ミス映画村 優勝
同志社大学 日本語・日本文化教育センター嘱託講師
京都市立銅駝美術工芸高等学校 非常勤講師
2016年~ 鴨川府民会議 有識者委員
2017年~ 京都市社会教育委員

<出演経歴>
■ TV出演
1989年TV朝日「暴れん坊将軍」/1990年TBS「水戸黄門」/1993年フジTV「世にも奇妙な物語・真夏の特別篇」/1994年フジTV「文学ト云う事」/1997年NHK連続ドラマ「新・花へんろ」/1998年NHK大河ドラマ「徳川慶喜」/2015年旅番組「遠くへ行きたい」・・・他

■ CM出演
2020年JR「京都冬の旅」/関西電力・サントリーウイスキー・JRA・・・他

■ 掲載誌:モデルおよび取材
「美しいキモノ」専属モデル:婦人画報社/「別冊太陽~昔きものの着こなし」平凡社/「INRED」宝島社/「七緒」プレジデント社/「なごみ別冊・京都できもの」淡交社/「京の着物はじめ」らくたび文庫/「フィガロジャポン」阪急コミュニケーションズ/「京都暮らしの値段」淡交社/「きものサロン」世界文化社・・・他

■講師歴
京都産業大学/同志社大学/京都市立銅駝美術工芸高等学校/京都市立堀川音楽高等学校/京都市立塔南高等学校・・・他

□高校家庭科ゆかた授業:非常勤講師
・2004年7月 京都市立銅駝美術工芸高等学校 現在も継続
・2006年7月 京都市立堀川音楽高等学校   2011年まで
・2007年7月 京都市立塔南高等学校     2010年まで

■慰問活動 女子少年院 浴衣とマナー講座
・2009年7月 交野女子学院 大阪府交野市
・2010年7月 交野女子学院
・2011年7月 交野女子学院
・2012年9月 愛光女子学園 東京都狛江市
・2013年2月 愛光女子学園
・2013年8月 愛光女子学園
大学コンソーシアム京都「きもの学」
・2007年9月 パネルディスカッション
京都産業大学 経済学部 経済人特別講義:嘱託講師
・2012月6月 「着物力を通した社会貢献」京都産業大学
同志社大学 プロジェクト科目 2016年 「着物おしゃれプロジェクト」
同志社大学 日本語・日本文化教育センター 「日本の伝統と文化」嘱託講師
・2018年~現在 留学生と日本学部生に着物講義を行う。