ユニフィルとコラボ企画

uniphil-top

ユニフィルはどんなご要望にも柔軟に対応します!

オーケストラの演奏は決して難しいものでは有りません。楽しくそして分かり易く体感して頂きながら学んで行くものです。ユニフィルでは、40年以上に亘る教育音楽事業の経験を活かし、あらゆる情操教育の現場にも対応致します。小編成の室内管弦楽団から生徒さん参加の第九の編成までご要望に合わせた編成で対応致します。また、トップアーティストとの共演も、豊富なキャストでお届けいたします。是非お気軽にお問合せ下さい。

各編成の参考例

  1. 室内管弦楽団:チェンバオーケストラ / 19名~29名
  2. オーケストラ:2管6型(40名)~2管12型 / 計66名
  3. 第九オーケストラ:(2) にソリスト4名、木管2名プラス / 計72名

 

<東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団 プロフィール>

音楽の持つ力や楽しさをたっぷりと体感して頂きます。
~大切な情操教育に一期一会の思いを込めて~

日本新交響楽団として1973年に結成され、1997年、「東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団」と改称し、同年4月に「第一回定期演奏会」開催。定期演奏会・自主公演も75回を数え名曲のより質の高い演奏でクラシック音楽愛好家の支持を得ている。2001年から地元諸団体の協賛ではじまった「初夢コンサート」も今年で14年目を迎え2009年より「親子のためのふれあいコンサート」を開催。2010年秋には文化庁主催による「子どものための優れた舞台芸術体験事業」の依頼を受け大分、宮崎、鹿児島、沖縄の各県で18回にわたる公演を実施。地方への感動の輪も着実に広げている。公益社団法人日本オーケストラ連盟準会員。

 

共演者例

kiyozuka <清塚信也/ピアニスト>
第50回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部第1位。第1回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 第1位、第1回イタリアピアノコンコルソ金賞、日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位。ポーランド国立放送交響楽団を始め世界各国のオーケストラと共演。NHK大河ドラマ龍馬伝「龍馬伝紀行」テーマ曲演奏、NHK教育テレビ「ミューズの微笑み~ときめき美術館」へのナビゲーター役での出演、「NHK歌謡コンサート」「僕らの音楽」「ミュージックフェア」出演、2013年1月公開の話題映画「さよならドビュッシー」で岬洋介役として本格的な俳優活動も開始。

コラボプログラム例:

①楽劇「ローエングリーン」より
②交響曲第5番「運命」第一楽章
③チャイコフスキー「白鳥の湖」
  1)情景(第2幕) 
  2)4羽の白鳥の踊り 
  3)ワルツ(第1幕) 
  4)終曲(第4幕)
④清塚信也・ソロによるテーマ(西洋音楽の古典から近代まで)の解説と演奏
 同時代に活躍したショパンとリストのそれぞれの人生と作風をユーモア溢れる
 解説と圧巻の演奏とパフォーマンスで楽しくわかり易いステージ
 ガーシュウィン(近代)や、坂本龍一(現代)、久石譲(現代)等の演奏など
 --休憩--
⑤清塚信也とオーケストラとのコンチェルト
 ショパン:ピアノ協奏曲 第1番
 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番
 グリーグ:ピアノ協奏曲
 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番
 ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー

※上記はあくまでもご参考例で、ご希望により、曲目の差し替えは可能です。

okazaki <岡崎ゆみ/ピアニスト>
東京藝術大学卒業、同大学院修了。大学院修士課程2年目の1983年にハンガリー給費留学試験に最優秀で合格し、ハンガ リー国立リスト音楽院に留学。1986年朝日新聞主催第6回「新人音楽コンクール」ピアノ部門に優勝。文部大臣賞を受賞。2004年より始まった和光堂プ レゼンツ「ファミリー&プレママクラシックコンサート」は未就学児と妊婦に向けたユニークなコンサートとして全国各地で好評を博す。2005年に CD付き著書「クラシックを聴くと良い子が育つ」を上梓。発売後2週間で丸善本店(丸の内)人文・ノンフィクションの部、第8位にランクイン。
(財)ソニー教育財団評議員。

コラボプログラム例:

  • バッハ クラヴィーア協奏曲第3番ニ長調
  • モーツアルト ピアノ協奏曲 第20番 K466 第2楽章より 
  • ベートーベン ピアノソナタ 「月光」 第14番 第3楽章 Op.27-2
  • モーツアルト ピアノソナタ K331 第3楽章 トルコマーチ
  • シューマン ピアノ曲「楽しき農夫」 
  • ショパン ピアノワルツ遺作 ホ短調
  • リスト ハンガリア狂詩曲第2番より
  • チャイコフスキー ピアノ協奏曲打1番第1楽章より

 

obara <小原孝/ピアニスト>
国立音楽大学附属中・高校・大学を経て大学院を首席で修了。クロイツァー賞受。際立った美しい音色は、TVCMな どでも広く知られて人気を博す。1994年にスタートした全国コンサートツアーも好評で、ステージ数は1000回を超えている。NHKテレビ「くらし ジャーナル」「おは よう日本」「ときめき夢サウンド」「音楽のち から」「思い出のメロディー」「歌謡コンサート」「BS日本のうた」TBSラジオ「ゆうゆうワイド」、テレビ朝日「新題名のない音楽会」など、多数の番組 にも出演。1999年4月よりNHK-FMにて「弾き語りフォーユー」のパーソナリティーを15年続けている。2002年第13回奏楽堂日本歌曲コンクー ル優秀共演者賞受賞。

eric <エリック・ミヤシロ/トランぺッター>
米国人のプロトランぺッターの父、日本人のダンサー/女優の母と言う恵まれた音楽環境の中でハワイで生ま れ育つ。中学、高校時代、多数のオーケストラでも活動を。”天才少年”としてテレビ、ラジオの出演依頼が殺到、噂が広まり、高校三年の時ニューヨーク、 カーネギーホールで憧れのメイナードファーガソンと初共演。卒業後、ボストン、バークレー音楽院に招かれ入学する。22歳でバディーリッチ、ウディーハー マンなどのビッグバンドにリードトランペットとして招かれ、世界中を回る。89年に来日、 吹奏楽、オーケストラ、学校講師、クリニシャン、作曲家、アレ ンジャー、プロデューサーとしても幅広く活動を広め、95年に日本国内最高のメンバーを集め、ビッグバンド、“EM Band”を結成。昭和音楽大学講師、国立音楽大学客員教授、大阪芸術大学客員教授。

xuxu <XUXU/アカペラ>
全く楽器や音源を使用せずに、クラシック・ジャズ・ポップス・唱歌からオーケストラ曲までを声のみで演奏する唯一無二のア カペラユニット。「しゅしゅ語」と称する独自のスキャットとメンバー自らが行う独自のアレンジ手法は音楽之友社版「教育音楽」の楽譜掲載や全日本私立幼稚 園幼児教育研究機構監修‘研修ハンドブック’押印対象講習会である「フレーベル館夏期講習会2012」の講師を務めるなど、教育現場でも注目をあびている。「題名のない音楽会」「BSにっぽん心の歌」を始めTV出演も多数。スイングジャーナル誌ゴールドディスク受賞、ヴォーカルグループ7年連続人気 NO.1。

cocoroco <COCORO*CO/ゴスペル>
鑑賞会でのゴスペルグループの第一人者。過去に訪問した学校は500校を超える。ゴスペルを軸に、ポップス・ ワールドミュージック・唱歌まで幅広いレパートリーと観客を巻き込む、パワフルかつユーモアー溢れるコンサートで各校で称賛されている。又、一度実施した 学校から再演の依頼が多いのも内容の高さを物語っている。学校公演以外にも客船飛鳥のワールドクルーズは5回を数える。障碍者施設・老人施設でのコンサー トにも力を注いでいる。

trytone <トライトーン/アカペラ>
女性2名・男性3名の混声ア・カペラグループ。 1994年、ビクターから「エトワール~12の星物語」でデビュー。 卓越したハーモニーワーク、生き生きとしたリズム、人の声とは思えないヴォイスパフォーマンスなどを用い、音楽のジャンルを問わない選曲、ユニークなアレ ンジで、トライトーンサウンドを生み出している。 2001年4月アメリカのCASA(Contemporary A Cappella Society America)主催、 Best Recording Awardsで“アカペラ・マジック・ボックス”が最優秀ジャズアルバムを受した。2009年クライマックスシリーズ初戦、東京ドームにて国歌斉唱で出演。