寺子屋寄席

[古典芸能] 編成:落語家2名・色物2名(曲独楽・紙切り等)

小学校中学校高校参加コーナー

学校が寄席になる!?

落語を中心に、曲独楽、紙切りなどの色物(色取りの有る見て楽しむ演芸)を組み合わせた、バラエティ豊かな内容をご用意しております。寺子屋寄席では、落語解説のほか、落語仕草体験、小噺体験など楽しみ方がいっぱい!江戸時代にタイムスリップした気持ちで噺の世界をお楽しみください。粋を重んじ、軽妙洒脱な語り口で観客を飽きさせないのがこの公演の身上です。

tera1

身近に感じる「寄席」

落語・紙切り・曲独楽などの体験コーナーも豊富で大好評の公演です。

<プログラムの一例>

[1]落語解説&ワークショップ

 (1)落語解説(小噺実演・落語の楽しみ方)

 (2)生徒さん全員参加で、2人での会話シーンの表現の仕方を体験

 (3)生徒さん3~5名ステージに上がって頂き、落語体験  

  ・羽織を着用し、生徒さんの情報をお聞きして、命名をします。

  ・そばをすする所作、刀の長さを表現する所作体験

  ・小話のレクチャー~生徒さんが実演

  ・最後に先生にもステージに上がって頂き落語体験   ・・・・etc

[2] 色物(紙切り)生徒さんや先生にもステージに上がって頂きます。

[3] 落語

☆仲入り(休憩)☆

[3] 色物(曲独楽)糸渡りでは生徒さんにお手伝いを頂きます。

[4] 落語/トリをとる真打の『日本の話芸!』

yose1702

yose1703

【春風亭 昇也】 ※落語解説・ワークショップ・落語

出身地:千葉県
<芸歴>
平成25年一月下席に二ツ目昇進。元「メロンソーダ」という漫才コンビのツッコミ。

<昇太一門>
春風亭昇太(真打)⇒柳太郎(真打)⇒昇々(二つ目)⇒昇吉(二つ目)⇒昇也(二つ目)⇒昇吾(二つ目)⇒昇羊(前座)⇒昇市(前座)

<好きな言葉>
「色紙によく書く言葉は、『仕事は遊びのように。遊びは仕事のように』。最近は『一語一会』もいいなと思い始めてます。同じネタでも同じ高座は二度とできない。お客様と落語の出会いもまた一期一会だなと。本当はふざけているのが落語家らしくして僕はいいなと思うんです。うちの師匠みたいに。「猫にご飯」とか、そういうの(笑)」
<理想の噺家像>
「うちの師匠ですね。師匠を見てますとね、つくづく思うんです。本当に楽しそうなんですよ、うちの師匠。人生をフルに楽しんでるなぁって思います。そういうのが理想ですね」
毎週日曜日NHKラジオ第1「日曜バラエティー」13時05分〜生放送。
毎週水曜日21時〜BS日テレ笑点特大号、若手大喜利出演中。

shunputei

【やなぎ南玉】 ※曲独楽

昭和41年 八代目林家正蔵(後の彦六)の内輪
●橘右近より「寄席文字」を学ぶ
●やなぎ女楽・鏡味弥生より「江戸曲独楽」を習得
平成17年 江戸曲独楽「やなぎ」の屋号を継承し「やなぎ南玉」襲名
●文化庁芸術交流支援事業(ブラジル・メキシコ・カンボジア・ラオス・タイ公演等)の海外公演も多数
※糸渡りのシーンでは生徒さんにご参加いただきます。

yose1705

【林家花】 ※紙切り

東京都出身
平成7年 林家今丸に入門「林家花」
平成20年 寄席デビュー
●寄席で初めてと言われる女性紙切り芸人期待の星
※生徒さんに舞台に上がって頂き、紙切り体験をして頂きます。

yose1706