SUITE VOICE(スイートヴォイス)

[JAZZコーラス] 編成:女性ヴォーカル4名・ピアニスト

中学校高校校歌OK参加コーナー

JAZZコーラスにダンスをミックスした新感覚コーラス!!

年齢や性別を越え、聞く人の心を捉えるパワーが持ち味で、幅広い声域を武器にしたパフォーマンスはダイナミック且つ温か。時に、ダンスや笑いをプラスしたライブを企画するなど、独自のスタイルで活躍する実力派4人が繰り広げる、個性あふれるステージは誰もが楽しめて、思わず踊りださずにはいられません。SUITE VOICEが織りなす上質なハーモニーを是非、体験してください。

全国に「SUITE VOICEコーラス部」を持つ指導力

上質なJAZZスタンダードは勿論の事、ルパン三世などのアニメソングや、ゴスペルソング(I will followhim、Joyful Joyful)、ビートルズ、歌謡曲、ディスコソングにいたるまで豊富なレパートリーで観客を飽きさせないステージが大人気です。ワークショップでは、全国に5か所の「SUITE VOICEコーラス部」を持つ指導力で「ハモる」醍醐味をレクチャーします。歌に関しては抜群の歌唱力ですが、トークに関してはコミュカルな爆裂トーク連発で、爆笑の連続です。小学校・中学校・高等学校から老人ホームまで、皆さんに長年愛され続けているグループである秘密はここに有るのかもしれません。

 

プログラムの一例

  1. I will follow him(天使にラブソングをより)
  2. Waters of March
  3. Raindrops keep fallin on my head
  4. 炎の宝物(ルパン三世より)
  5. スカボロフェア
  6. ビビデバビデブー
  7. ルパン3世
  8. 言葉にできない
  9. 春よこい
  10. ノルウェーの森
  11. Bridge over troubled water
  12. Spain
  13. Can't take my eyes off of you
  14. アンコールJOYFUL JOYFUL

プロフィール

情感の全てをハーモニーで描きたいという思いから、舞台を中心として活動していたメンバーが、声を重ねる世界に魅了され、グループは動き出した。マンハッタントランスファーをリスペクトし、カヴァーライブを続けていたとこマンハッタントランスフォー自身の目に留まりお墨付きを受ける。2005年、キングレコードからメジャーデビュー。現在までに6枚のアルバムをリリース。2016年春より、声を重ね合わせる楽しさを沢山の方と共有すべく、『SUITE VOICE コーラス部』を立ち上げ、現在、東京・大阪・福岡・新潟・横浜で活動中。イベント・コンサート・芸術鑑賞会など、日本全国でコンサートを行っている。

SUITE1

SUITE2

SUITE3

svtop

babi

BABI

mako

MAKO

kao

KAO

jun

JUN

主な出演ステージ

《ライブハウス・ホール》
名古屋ブルーノート/大阪ビルボード/モーションブルー横浜/渋谷JZ Brat/スイートベイジルSTB139/
原宿ASTRO HALL/渋谷クラブクアトロ/渋谷クロコダイル/南青山MANDALA /銀座SWING 他

《イベント》
東京JAZZ CIRCUIT 2007/第2回渋谷音楽祭/SAPPORO CITY JAZZ 2007/YOKOHAMA本牧ジャズ祭/新潟万代ジャズフェスティバル/高槻JAZZSTREET2010/調布音楽祭/赤浜音楽祭/深川ジャズ/
NHKおはなしコンサート/都営大江戸線全線開業5周年記念イベント/八ヶ岳 JAZZ FESTIVAL 2013 & 2014 /エクシブ初島クリスマスディナーショー 清里高原ホテルクリスマスコンサート/高峰高原ホテルクリスマスコンサート/六本木ミッドタウン一周年イベント/北海道ホテルジャズコンサート/世界文化社イベント/たまプラーザクリスマス点灯式/『スクリーンミュージックの宴』/ミュージカル『クランク★イン』 『三枝成彰の時間 ~トーク&コンサートシリーズ』 他

《メディア》
’12.2.12 東京FMラジオドラマ『NISSANあ、安部礼司 第305回』出演
’10.11.14 東京FMラジオドラマ『NISSANあ、安部礼司 第241回 え?大日本ジェネラル、コーラス部?』出演
’09.4~6テレビ東京系列『美の巨人たち』エンディングテーマソング
’08.4~6テレビ東京系列『ココリコミリオン家族』エンディングテーマソング
’08.3~’09.3黄桜呑CMソング
’07.11 BS-i 『music tide』
’07.3/’09.6 NHK-FM『サタデーHOTリクエスト』