津軽三味線「未来」

[古典・邦楽] 編成:津軽三味線・尺八・パーカッション

小学校中学校校歌OK参加コーナー

女流津軽三味線・尺八とパーカッション

独自の演奏スタイルで、津軽三味線の様々な音色を探求している 「清水まなみ」が、新時代に相応しい“ 和” と“ 洋” の楽器が響き合うセッションを展開している。日本の古典曲、また、民族音楽から現代音楽まで、皆様が素敵な「輝き」に包まれますようにと願いを込めて、和洋楽器の楽しい音楽をお届けいたします。

中々、触れる機会のない「津軽三味線」や「尺八」の楽器演奏体験のワークショップは好評です。是非、観て・聴いて・触って楽しい鑑賞会をご堪能ください。

プログラムの一例

◆津軽じょんから節

◆鹿の遠音

◆世界に一つだけの花

◆上を向いて歩こう

◆ふるさと

◆カントリーロード

◆サムライ(オリジナル)

◆Twinkle~輝き~(オリジナル)

◆吹雪の花(オリジナル)

プロフィール

【清水まなみ・津軽三味線】

17 歳の時、津軽三味線に出会う。澤田勝秋氏に師事し、名取『勝優』を襲名。1999 年:女流津軽三味線合奏団『未来』を結成し、第11 回津軽三味線全日本金木大会にて優勝する。2000 年、二連覇達成。

優勝記念CD『未来』をビクターエンタテインメントより発売。2001 年、『故・羽田健太郎と仲間たち』に出演する。2005 年、2006 年「青森ジャパンフェアーin マレーシア・台湾・タイ」に出演。2008 年、NHK-BS1『地球アゴラ』にてオリジナル曲『友情の歌』が使用される。

【中村仁樹・尺八】

東京藝術大学音楽学部邦楽科尺八専攻に進む。第六回尺八新人王決定戦、第三回東京邦楽コンクール、第二回和洋楽器グループコンテストで優勝を果たす。読売新聞社賞、日本民謡協会賞受賞、薦田奨励賞宇和島大賞受賞。卒業後サントリーホール・両国国技館・アメリカ大使館などで招待演奏を行う。尺八本来の響きを生かし、様々なジャンルを自在に行き来するスタイルは多くのファンを魅了してやまない。

【藤井摂・パーカッション・ドラム】

1986年、アメリカのミュージカルグループ “UP WITHPEOPLE” の世界ツアーに参加。1988年、バークリー音楽院に入学。1992年卒業後、ニューヨークに活動の拠点を移し、ジャズ、ラテン音楽をはじめ、多様な音楽の中でセッションを重ねる。1996年に帰国。数多くのアーティストのライブ、コンサート、レコーディングで活動中。

mirai1

mirai2

mirai3

mirai4