HAL&PANDA

コーラスユニット

[ゴスペル]

小学校中学校高校予餞会低予算OK校歌OK参加コーナー

遠隔地でも低予算でも必ず楽しめます!

ゴスペルを初め、ポップス、ジャズ、童謡など様々なジャンルの楽曲を歌い上げるボーカルグループ「COCORO*CO」の中心メンバーとして全国各地で活動する、HALとPANDAが小学校・中学校向けに新たに結成したコンビ。小編成にしたことにより、遠方で、低予算に頭を痛める学校さんにも歌の楽しさを体感して頂けます。

さあ!みんなで一緒に楽しく歌いましょう!!

≪COCORO+COとは≫

1996年「VOICE OF JAPAN」出身メンバーにより結成。『こころと心が通じ合うステージ』をモットーにCOCORO*CO(心子)と命名。愛と平和のメッセージを込めて行われるハートフルなステージは評価も高く、鑑賞会でのゴスペルグループの第一人者。過去に訪問した学校は500校を超える。ゴスペルを軸に、ポップス・ワールドミュージック・唱歌まで幅広いレパートリーと観客を巻き込む、パワフルかつユーモアー溢れるコンサートで各校で称賛されている。また、一度実施した学校から再演の依頼が多いのも内容の高さを物語っており、学校公演以外にも客船飛鳥Ⅱのワールドクルーズは5回を数える。2003年、NHK・BS放送に登場し、全国的に知名度を上げる。

結成10周年、11周年記念ライブを六本木スイートベイジルSTB139で開催。庄野真代のフィリピン・ストリートチルドレン救済アルバムに参加。障碍者施設・老人施設でのコンサートにも力を注いでいる。子供劇場や親子劇場、市町村主催のコンサート、学校の芸術鑑賞会など、ほぼ日本全国でコンサートを行っている。

<HAL>

歌手を目指し、上京後、HAL OF MOON を結成。ライブ活動をスタートさせる。VOICE OF JAPAN 結成時の立ち上げメンバー。バックコーラスの実績は和田アキ子・西城秀樹・森公美子さん・ジョー山中・麻倉未稀・金子マリ・浦島りん等多数。グラミー賞受賞ゴスペル・グループSound of Blacknessのメンバー達より、スタンディング・オベイションで絶賛され、「あなたの声は神様からの祝福を受けている素晴らしい声だ。」と称される。2008年にはファーストアルバム「I SING BECAUSE」を製作。ボイストレーナーとしての実力も高い評価を受けており、都内を中心に宇都宮・日立等、様々なカラーの団体(13+α)にゴスペルを指導している。NPO法人「国境なき楽団」のプロジェクトの一つである「海を渡る風(世界の子供達に楽器を贈るプロジェクト)」リーダー。

<PANDA>

幼少の頃より坂本博士児童合唱団に所属し、芸術祭参加作品「黒い雨」「青い鳥」「小鳥になったライオン」他数多くのミュージカルやファミリーコンサートに出演。中学時代より、ニューミュージック・フュージョンを中心としたグループを結成し、ライブ・コンサート活動を開始する。現在は、個性派ゴスペルグループCOCORO*COの一員として活動の傍ら、実力派シンガー麻倉未稀のツアーにおいてはバックヴォーカルとしても活躍中。その他のソロ活動高崎ハム・帝人等のCMソングのレコーディングや、作詞も手掛ける。ジェームス小野田率いるウルトラバロックオーケストラの参加や、ネパールのインドラグルン、パンチャ・ラマのコンサート・レコーディングなど、ジャンルに縛られないヴォーカリストとしての活動も幅広く展開。

≪HAL&PANDAの2人の活動≫

「COCORO*CO」結成のきっかけとなった「VOICE OF JAPAN」在籍当時からNHK紅白歌合戦をはじめ、TV、CMに多数出演。麻倉未稀、寿[kotobuki]他多数のアーティストのバックアップボーカルとしても活躍中。また、「国境なき楽団」(代表 庄野真代)の理事を務めており、トルコ・バリ・ケニア・フィリピン・スリランカ・カンボジア・タイ・ベトナムなどでチャリティコンサートを行うかたわら「海をわたる風プロジェクト」のリーダーとして、海外へ楽器を届ける活動も行っている。

個々にボーカリストとしても幅広く活動する傍ら、ボイストレーナーとしても活躍。数多くのゴスペルグループの指導を行なっている。

<演奏プログラム例>

Oh, Happy Day、Joyful Joyful(喜びの歌)、アメージンググレイス、ふるさと、僕らはみんな生きている、いつくしみ深き、 君は愛されるために生まれた、リパブリック権兵衛、漕げよマイケル、ユーレイズミーアップ、This Little Light of mine、 祈り、他

HAL&PANDA01

HAL&PANDA02

HAL&PANDA03