一の会〜和泉流狂言

(はじめのかい)

[古典|狂言]

小学校中学校高校参加コーナー

本格派・和泉流狂言

和泉流狂言「一の会(はじめのかい)」は、重要無形文化財保持者、三宅右近の師事・監修のもと、平成16年に発足した、三宅右近門下による狂言会です。

東京を拠点として狂言の普及活動に勤め、全国の能楽公演はもとより、主に中学校・高等学校を対象とする芸術鑑賞教室への出演は年間100校余りで実施され、高い評価を得ております。また、文化庁が主催する小学校・中学校における巡回公演「文化芸術による子供の育成事業」では、平成17年に狂言としては初めて文化庁より委託を受け、現在はや約600校の実績があります。

この公演は、生徒参加型の体験を重視したプログラムで、実際に生徒が狂言の役者として舞台に出演するなど、画期的な演出は、新聞やテレビ等で数多く取り上げられ、好評を博しております。

hajimenokai01

狂言

〜700年の時を超え、今もかわらぬ、日本人の笑い
古典芸能といえば難しく固いものと思われがちですが、日本最古の笑いの対話劇です。
中世の庶民の生活の中から生ずる、滑稽なおかしみは、現代の私たちにも共感できる、”ほっこり”とした温かみのある笑いを誘うストーリーです。 人間、誰しもが持っている愚かな部分を滑稽に描き、また風刺のきいた可笑しみ、人が如何にも人間らしく力強い生様を、大胆な演出方法によって描き出します。 狂言は約七百年の歴史を持ち、2001年には舞台芸術としては世界初、ユネスコの世界無形文化遺産の認定を受けました。

hajime02

hajime03

演者紹介

hajime01

髙澤 祐介 (たかざわ ゆうすけ)
昭和47年生。三宅右近に師事。昭和62年「痺」で初舞台。 平成10年「三番叟」、平成12年「釣狐」、平成14年「金岡」、平成28年「花子」を披く。狂言会「祐の会」を主催。 重要無形文化財総合指定保持者。日本能楽会および能楽協会会員。和泉流職分会幹事。

hajime02

前田 晃一 (まえだ こういち)
昭和43年生。三宅右近に師事。 平成4年「梟山伏」で初舞台。 平成13年「奈須与市語」、平成22年「三番叟」、平成27年「釣狐」を披く。能楽協会会員。

hajime03

吉川 秀樹(よしかわ ひでき)
昭和22年生。三宅右近に師事。 「盆山」で初舞台。能楽協会会員。

hajime04

金田 弘明 (かねだ ひろあき)
昭和46年生。三宅右近に師事。 平成14年「止動方角」で初舞台。 平成27年「面箱」、平成29年「奈須与市語」を披く。 能楽協会会員。

hajime05

大塚 出(おおつか いずる)
昭和44年生。三宅右近に師事。 平成22年「面箱」、平成23年「奈須与市語」を披く。