公演 <ゴスペル>

COCORO*CO

1996年「VOICE OF JAPAN」出身メンバーにより結成。『こころと心が通じ合うステージ』をモットーにCOCORO*CO(心子)と命名。愛と平和のメッセージを込めて行われるハートフルなステージは評価も高く、鑑賞会でのゴスペルグループの第一人者。過去に訪問した学校は500校を超える。ゴスペルを軸に、ポップス・ワールドミュージック・唱歌まで幅広いレパートリーと観客を巻き込む、パワフルかつユーモアー溢れるコンサートで各校で称賛されている。また、一度実施した学校から再演の依頼が多いのも内容の高さを物語っており、学校公演以外にも客船飛鳥Ⅱのワールドクルーズは5回を数える。2003年、NHK・BS放送に登場し、全国的に知名度を上げる。
結成10周年、11周年記念ライブを六本木スイートベイジルSTB139で開催。庄野真代のフィリピン・ストリートチルドレン救済アルバムに参加。障碍者施設・老人施設でのコンサートにも力を注いでいる。子供劇場や親子劇場、市町村主催のコンサート、学校の芸術鑑賞会など、ほぼ日本全国でコンサートを行っている。


BBS

001-1

002-1

ccrc1001

小学校
Oh happy day
ひょっこりひょうたん島
リパブリック権兵衛賛歌(一緒にアクション!)
漕げよマイケル(一緒に歌いましょう!)
ふるさと
From a distance
Joyful Joyful
アンコール 笑う門には福来る(一緒に踊りましょう!)
中学・高校
Amazing grace
Oh happy day
ひょっこりひょうたん島
リパブリック権兵衛賛歌(一緒にアクション!)
漕げよマイケル(一緒に歌いましょう!)
Power of love
ふるさと
From a distance
Joyful Joyful
アンコール This little light of mine
      笑う門には福来る(一緒に踊りましょう!)

<COCORO*CO 公演内容の特徴>

コミュカルなビジュアルに反して、歌唱力抜群の実力派グループ。そのステージ内容は、

  1. ゴスペルに関しては「OH,Happy Day」や「Joyful Joyful」「アメージンググレイス」と言った、映画やCMなどでも聞いた事のある曲を中心披露します。また、「リパブリック権兵衛讃歌」は、日本では「権兵衛さんの赤ちゃん」で親しまれている曲ですが、実は「リパブリック讃歌」と言うスタンダードな曲であることから、その2曲をミックスして披露します。客席にも降りて行き生徒さんにも参加して頂く楽しい演出の詰まった曲です。

  2. ワークショップでは「漕げよマイケル」と言う曲を使い、男子女子対抗戦・学年別対抗戦・血液型別等を行い、最後には先生方全員に頑張って歌って頂くコーナーでは生徒さんが大喜びします。その他、ご希望が有れば御校の「校歌」なども、事前に譜面・音源を頂き、皆さんと一緒に歌う事も可能です。

  3. その他では、「世界に一つだけの花」「夜空ノムコウ」などのJPOPや、「ひょっこりひょうたん島」から「ふるさと」まで、楽しいばかりでは無く心に残る曲を披露します。

  4. 歌に関しては抜群の歌唱力ですが、トークに関してはコミュカルな爆裂トーク連発で、爆笑の連続です。小学校・中学校・高等学校から老人ホームまで、皆さんに長年愛され続けているグループである秘訣はここに有るのかもしてません。

ccrc1006

ccrc1002

ccrc1004

ccrc1007


VOJA-Tension(ヴォジャ・テンション・ゴスペル)

亀渕友香&The Voices of Japan(VOJA) から生まれた7名によるボーカルユニット。ゴスペルは勿論のこと、さまざまな楽曲を固定観念にとらわれないボーカルワークで表現する。
2015年7月に1stシングル「Hello Hello」をリリース。九州ゴスペルフェスティバル2015 in 博多のイメージソングとしてタイアップ。
2016年11月にアルバム「WONDERLAND」をキングレコードよりリリース。メジャーデビュー。ラジオやTV出演、全国でライブやイベントに出演する等精力的に活動中。
メンバー/増村エミコ、開発千恵、朝日美貴、高木美奈子、徳永さちこ榊原暁、藤田尚之


VOJA(ヴォジャ The Voices of Japan) 亀渕友香を中心に1993年に結成された、ゴスペルを主とするコーラスグループ。コンサート活動やイベント出演の他、TV出演にも精力的に活動。 近年では2005年、2009年、2010年FNS歌謡祭にゲストミュージシャンとしての出演する。又NHK紅白歌合戦ではオープニング、 エンディングも務める。

「音楽を愛し、音楽を通じて人間性、社会性を高める」

という目的に賛同したメンバーが集まり、現在80人以上が所属している。ゴスペルをルーツとしながらも独自のコーラスアレンジを特長に、コンサート、ライブ活動、イベントやTVへの出演、小・中学・高校などでの芸術鑑賞会、特別支援学校(養護学校)でのライブなど、幅広い活動を展開中。 毎年12月には、東京文化会館、新宿厚生年金会館他ホ-ルにおいて300人以上のコーラス隊と共に合唱する『クリスマス・ゴスペル・ナイト』を開催するほか、日本各地で年間数十回のホールコンサートを行っており、人間の生の声、リズム、アンサンブルを通して日本中にその声の輪を広げている。


1. The RealParty
2. I Smile
3. Gospel Medley
4. 大きな古時計
5. Ain't no mountain high enough
6. Joyful Joyful
<レクチャーコーナー Oh Happy Day>
7. Oh Happy Day
8. SUN
9. 校歌
10. Hello Hello
11.God Great God
<アンコール>
12.上を向いて歩こう
13. Hold on

voja

voja02

voja_2017


MYリズムネイション

myrhythmゴスペルからファンク、R&B、HIPHOPまで「歌と踊りとハートの一体感・カタルシスと癒し」ゴスペルはブラックミュージックのルーツ。今流行のファンク、R&Bやラップ、HIPHOPもみんなゴスペルから生まれた。チャーチゴスペルから最新のHIPHOPまで、ブラックミュージックをダンスと共に紹介する斬新なプログラム。当然、参加形のコンサート。本物のソウルフルな歌やハーモニー、グルーブを体感しながら、ブラックミュージックの歴史に触れて下さい!

出演メンバー
パリス・ロンドン (ボーカル、ダンス):
米国でトップアーティストのツアーサポートやソロ歌手として活躍後、来日。 有名アーティストのレコーディングや舞台、自分自身のソロやCMで活躍するかたわら約100人のクワイヤの指導もしている。とても暖かくてチャーミングな人柄。ステージパフォーマンスは華やかでユーモアもある。
ローレンス・C・ジュニア (ボーカル、ベース:
16歳から教会で演奏をはじめジェームス・ブラウンなどのツアーに参加。 現在は日本のアーティストのレコーディングやライブをサポート。 ブラックミュージシャン独特の素晴らしいグルーヴでバンドを支える。ソロでも歌う。
マリ(司会、コーラス、ダンス):
東京芸術大学打楽器科卒。浅利慶太氏、栗山民也氏等のもとで舞台を学ぶ。ラジオ、テレビのパーソナリティ多数。自己のユニット『TAMTAM』でメジャーデビュー。国際交流コンサートの企画制作も。デビュー曲「友達でいいから」はビクターヒット賞受賞。
大坪 正(キーボード、コーラス)
ミドリ(ダンスソロ・コーラス)


Come on Get up
Hold On
♪メンバー紹介
♪ゴスペルってなに?
(森のくまさんでコール&レスポンス練習、ゴスペルのお話)
Amazing Grace トラディショナルバージョン
教会での寸劇 ~ 独唱 ~ 四重唱 ~ 全員で
ダンスコーナー
♪MYリズムネイションよりみんなへのメッセージ 
Where is the LOVE
大きな古時計
Oh, Happy Day
♪アンコール Joyful, Joyful